思い出の着物から新品同様の長羽織を作り出す新しい仕立

 着物から羽織に仕立てかえるとき、長い羽織の衿を作るために衿の中心に継ぎができます。それは、着ている本人には見えないものですが、他人には「仕立て直したものなのね」という古さを感じさせてしまいます。

 

 スマートにおしゃれに接いだ部分が存在するよう、羽織の衿接ぎの新しい方法を考えました。

某催事で、その新しい方法で仕立て直した羽織を展示してみたところ、私が説明するまで、お客様はみなさん、反物から仕立てた長羽織だと思っていたそうです。

 

 入学式・卒業式で母が着ていた短い黒羽織。若い頃には着こなせた大きな花柄。染めが好きでかつてよく着た着物。タンスの中で眠っている思い出をよみがえらせてみませんか。